暮らし

害虫対策にはブラックキャップ!これで絶対寄せ付けない。

スポンサーリンク

今日は害虫対策のお話です。

ここからは虫の名前が何度も出てくるので、苦手なかたはご注意ください。





害虫と言えば嫌な思い出

今日はずばりゴキブリのお話です。

私はこうしてタイピングするのも口に出すのも平気ですが、
ゴキブリが大大大の苦手です。

ゴキブリと言えば、記憶に一番残っているのは以前の住まいでの出来事。

子どもが天井を指差して目を丸くしていたので
そっちのほうを見てみたら、大きいのがへばりついていました(T_T)

そして夫が退治しようとしたら、飛んだ!!!
それも人に向かって飛んでくるんですよ〜。

そんなに飛行スピードはありませんが、迫力満点。
噂では聞いていたけど、ほんとに飛ぶんかい的な驚きと恐怖でいっぱいでした。

その後夫が無事しとめ、
「○○(私)の怖がりかたのほうがゴキブリよりも怖かった」
と。

もうそれ程絶叫ものでした。

愛用の駆除剤

今の住まいではまだゴキブリに遭遇していません。
黒い点々の痕跡もなし。
でもいつどこから入って来るかわかりませんよね。

ずーっと出会わない為にも我が家では駆除剤を設置しています。

先日ブログにコンロ下の収納について書きました。
【キッチン収納公開】賃貸暮らしのコンロ下収納公開します!

その際、空っぽにした状態の写真を載せたのですが(↓こちら)
空っぽと言いつつひとつだけぽつんと、向かって右奥に何かがあります。これ、Amazonで人気のブラックキャップです。
店頭でもよく見かけるので、きっと使っているかたも多そう。

→Amazon アース製薬 ブラックキャップ 12個入り

我が家ではゴキブリが通りそうな場所、
シンク下のほか、窓、冷蔵庫まわり、押し入れなどに
このブラックキャップを設置しています。

ポイントは、1年に2回の交換。

暖かくなって活動が活発になる前のちょうど今の時期と、
大体その半年後に交換するようにしています。

それと、古い駆除剤は逆に餌になってゴキブリが寄って来る、
という話しを聞いたことがあるので、
設置箇所を憶えておいて交換の時に古いものをしっかり回収します(夫が)。

そして注意点はやっぱり子ども。
我が家では子どもが3歳になった頃から使い始めましたが、
絶対に触らないように言い聞かせ、窓付近などに設置したものは
今も取れないように両面テープで固定しています。

その他の対策

ゴキブリってちょっとした隙間から入って来るそうです。

今のマンションはシンク下に隙間は見当たりませんが、
それでも人には見えない小さな隙間があるかも!!

匂いに誘われて小さな隙間からやって来ないように、
シンク下、コンロ下収納に食べ物は置かないようにしています。

野菜類は全部野菜室。
特に玉ねぎが大好きらしいです。

それから乾物は冷蔵庫のチルドルームへ。

お菓子類は、未開封のものや小包装されているものは食器棚の下、
開封後のスナック菓子はビニールに入れて冷蔵庫で保管しています。

さいごに。

  • ブラックキャップを使うなら、ポイントは年2回の交換。
  • 古い駆除剤の回収もしっかり忘れずに!
  • シンク下収納に食べ物は置かない。

このほかにも、ビールの匂いに誘われてくるので
空き缶はすすいでから捨てると良いと聞いたことがあります。

ゴキブリはホント嫌ですね〜。
まだ何もしていないけど心配、というかたは、
気温が上がって活動が活発になるその前に、対策をおすすめします!

\ ブログランキング参加中です /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク