美容・健康  読書

治癒率80%!食事を見直して花粉症を克服しよう☆【マンガでわかる体質改善】

スポンサーリンク

そろそろ花粉症の人には堪え難い季節がやってきますね。

私も7年くらい前からくしゃみ鼻水が酷くなり、頭がボーっとするように。
春先にはマスクと薬が手放せなくなりました。

2017年、春の花粉飛散予測はこちらをどうぞ・・・(涙)

1ヶ月以内に花粉症を克服できるかも!

0128_2私の場合、花粉症の症状が出たらしばらく市販薬のお世話になります。
手っ取り早いんですがどこかしら体に悪影響を及ぼしていそうで、長期服用はちょっと怖いなと感じていました。

そして、薬をのむ以外に何か花粉症に効く方法はないかしら。
とAmazonを彷徨っていたら、こんな本を見つけました。

体質改善が出来て花粉症も克服できるなんて、一石二鳥じゃないですか♡

なんと、治癒率80%

すごーい。

もし残り20%に入っちゃったとしても、体に悪いことをするわけじゃないしダイエットにもなりそう。

早ければ1週間、遅くとも1ヶ月以内に効果が実感できるそうです。

今から始めれば、花粉シーズンに間に合うかもしれません!

花粉症の原因は、植物油に含まれる【リノール酸】

そもそも私、花粉症の原因は花粉だと思っていました。

でもそうではなく、植物油に含まれている「リノール酸」とやらが元凶で、油の摂り過ぎが花粉症を引き起こしているんだそうです。0128_3

1日の理想的なリノール酸摂取量は、6g以下(サラダ油は大さじ1杯以内)。

植物油にリノール酸が多いのは、植物にリノール酸が多く含まれているから。
もちろん野菜にもお米にも含まれるし、植物を食べて育つ動物にだって含まれる。
3食普通に食べるとあっという間に5グラム。

花粉症克服にもっとも大切なのは、リノール酸をがむしゃらに減らす事!

1日にサラダ油大さじ1以下はクリアできそうですが、加工品に含まれている油も含めると・・・
あら、なんだかハードル高そう。
でも出来る事からコツコツと。が大切ですね☆

食生活のポイント

  • リノール酸を避ける
  • 魚を中心に、昭和三十年代の和食を目指す
  • とにかく脂ののった旬の魚を食べよう
  • 3食のうち2食は魚をメインに
  • 善玉の油をとる(魚油、しそ油、亜麻仁油)
  • たまご、肉、乳製品はできるだけ控える
  • 生卵は厳禁

『しそ油』。
低温で絞られたものを中さじ1杯朝昼晩。
生でそのまま飲むか、加熱して植物油代わりにすると良いそうですよ♪

そして、たまご・肉・乳製品は、消化の負担になって花粉症の症状を悪化させやすいのだそうです。

▼ こういう和食が良いみたい。0128_4

まとめ

  • 花粉症の原因、植物油を控えよう
  • 魚中心の食生活に
  • しそ油など善玉の油を摂る
  • たまご、肉、乳製品はできるだけ避ける

Kindle版のみですが、図解とマンガでサラリと読みやすい本でした☆

\ ブログランキング参加中です /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク