考えごと

マンボウ最弱伝説はウソだった!から私が学んだこと。

スポンサーリンク

マンボウ最弱伝説ってご存知ですか?

仲間が死んだショックで自分も死んじゃうとか...

photo by photo AC

マンボウ最弱伝説はウソ

先日行ったサンシャイン水族館で、大きな水槽にマンボウが一匹だけ漂っていました。

水槽の脇にある説明によると、ひなたぼっこをしたり、一匹でのんびり泳いだり群れを作ったりと自由な生活をエンジョイしている生き物らしいです。

ひなたぼっこしている姿を想像していたらふと冒頭の最弱伝説を思い出して、大きな体と繊細なメンタルのギャップにがっちり心を鷲掴みされた私。

後日マンボウのことをもっと知りたくてネットで調べてみたんです。

そうしたら、繊細で飼育が難しいのは本当だけど、
仲間が死ぬと自分も死んじゃうとか、
目に泡が入っただけで死んじゃう。
といった最弱伝説はウソでしたーーー。

▼ 名古屋港水族館の飼育担当者へのインタビュー記事。

無意識のうちにすんなり受け入れていること

考えてみたら、マンボウに限らず自分にとって全く重要でない事って、すんなりと受け入れてしまっていることが案外多いんです。

おまけに、子どもの頃から“体にいい”とインプットされて普通に口にしているものなんかもそう。
でもこれってマンボウと違って十分重要なことなんですよね。

そしてどうして受け入れてしまうかと言ったら、

  • CMでやっていたから
  • 別に何でもいいから
  • 子どもの頃から飲んでいるから
  • みんながイイって言うから

みたいなとっても曖昧な理由で、自分で選択しているようでいて実はそれは思い込みで。

最低限、心や体に影響を与えるものについて、思考を止めずにもう一度向き合ってみようと思いました。

おわりに。

マンボウの最弱伝説のウソから私が教わった事は、

すんなり受け入れていた事を疑ってみる事。

それは本当に自分で選択したことやモノなのか、どうして選んだのかをもう一度考えてみる事。

そうすることが自分軸で生きるということにも繋がっていくんじゃないかと思います。

参考にしています。トラコミュ(ブログ村)

暮らしをシンプルに楽しむブロガーさんの記事はこちら。トラコミュ(ブログ村)

\ ブログランキング参加中です /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク